引越し 予算

引越し業者への費用はできるだけ抑えたい。

引越し 予算

引越し 費用

引越し お金

引越し 経費

引越し 料金

 

引越しにはいろいろとお金がかかりますね。
新居の家賃や新しい家具など必要なお金がたくさんあります。

 

引越し業者への費用はできるだけ抑えたいと思いませんか?

 

一般的な予算をご存知ですか?

 

引越し 予算

 

引越しの予算は、このくらいかかるそうです。

 

 

引越しの予算を抑えたいなら、いくつかの引越し業者に見積もりを依頼して競争してもらうのが1番効果的です。

 

ここで、簡単で便利な引越し業者一括見積もりサイトが活躍します。

 

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

1度の情報入力で複数の引越し業者から見積もりが取れます。見積もりはもちろん無料です。

 

最安値の引越し業者もすぐにわかりますし、相場も出せます。

 

それに場合によっては「他社より値引きします!」ということもありますので、ぜひご利用ください!

 

引越し業者の予算をできるだけ抑えて、新しい家具や家電で新生活をスタートできるといいですね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し費用を安くする方法

 

引越し安く

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいと思いませんか?
引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなるため、引越し前にできるだけ捨てたり、あげたり、売ったりして不用品を処分してください。

 

そのあと考えるのは引越し日です。
土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いため人気があり、平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。
出来ることなら平日に引越ししましょう。

 

さらに午前と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
朝早く荷物を運び入れて、夕方からゆっくりと荷解きしたいですよね。
引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引ができるかもしれませんので急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

そして国内の引越しで最も費用かかる遠距離引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もありますので条件をしっかり確認しましょう。
引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しの時はすることがたくさんありますので、おおまかな手順を知っておきましょう。

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
エレベーターありの4階となしの4階では同じ料金ではないので、新居が決まったら早めに見積もりを取って、引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包します。その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。
引越しの際に荷物が多いと費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
健康保険や年金についても役所で聞いておく。
市外へ引越しする際は、市議の選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりません。
転出届を提出しましょう。さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
新居での手配を忘れて電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便物が新居に届くようにするには引越ししましたハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。
ですが、郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

 

引越しのあいさつには行きましょう

 

引越しあいさつ

 

第一印象は大事ですので、引越しの挨拶には行きましょう。
一軒家は特に長く住む可能性が高いので、挨拶の出来ない人という印象を与えたくないものですね。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に挨拶するのが一般的と言われます。
もし大家さんや管理人さんが近くにお住いであれば、そちらにもご挨拶しておくといいですね。

 

一戸建てであれば「向こう三軒両隣」といいますね。自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒のことです。
一軒家はマンションのように住人専用のゴミの集積場がない事が多いので、おそらく町内で当番制で清掃をして管理しているのではないでしょうか。
ほかにも町内会でのお祭りや集会があると思います。
ご近所の方に自治会長さんのお宅をお聞きして、そちらにもご挨拶してゴミ出しや地域のルールなども聞いておくと安心ですね。

 

 

 

 

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行くといいですね。
先延ばしにすると面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

引越し日までに簡単な粗品を用意して、早めに行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤などが喜ばれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家 買取り